« 前へTOPに戻る | 次へ »
予感


何かが…来る…

忘れた頃に…


これってウコンじゃないよ!

温泉


ゆだるゆだる
ラブネリです

いやー、毎日毎日エブリデイ勉強だの仕事だのに忙殺されていると突発的に温泉に行きたくなります。秘湯がワタシを呼んでいるつまりコールミー・ヒ・ト・ウ!な訳で(誤訳)。

というわけで今流行のインターなんとかで検索しちゃったんです。あらやだこれはステキじゃない奥さんってな宿を発見したんですが…そこはなんと一泊五万円。そう、50000円!すなわち、ゴ・マ・ン・円!

ムギュー!
無理。貯金全額下ろして足りるか足りないかって感じというかそれ今月の生活費!格安ハンバーガーだったら500個以上食べられますよ!500個って言ったら飢餓に苦しむ何人のワタシが救われると思っているんですか!

は~ん。ギブミーメガマニー…プリーズプリーズ…

財宝ミー!


パイレーツ・オブ・トーキョー湾
ラブネリピース

なんか海賊が流行ってるみたいですね~
特に海外ではハロウィンの衣装ではパイレーツものが定番になっているみたいです。
なんですかね、狩猟民族だからでしょうか。謎。

私も海賊モノに出演したい!
で、ビヨーンと伸びたりしたい…ちぎれない程度に!

プヨ腹


ソーセージはネリモノ?いや詰め物?
ラブネリデス

皆さんは、小さい頃ってどういう食べ物が好きでしたか?
てか今小さいお友達はどういう食べ物が好きなのかナー?(マイクを向ける)

私は小さい頃、脂身が苦手でカタマリや薄切りのお肉が食べられなかったんですよ。で、ひたすらソーセージとかハンバーグばっかり食べてたんですね。
スキヤキとかあっても、豆腐とかを食べてたんですよ。

でも訓練のかいあって、今ではどんなお肉もパクパク食べられるように!
おかげで脇腹に謎のお肉が!

間違えた!!!!

女子は小皿


ラブネリング…来る!きっとくる!
ラブネリっすわ

今日は東京都在住の某ゲーム会社に勤務されてるプランナーの方からの質問です。
読んでみましょう Here We GO!

-------------------------------------

こんにちは

ラブネリって一体何食べて生きてるんですか?

-------------------------------------

ちょっと小皿系の小料理がイッパイ載っている京風懐石とかを食べています!
あの小さすぎる料理が沢山並ぶところに乙女心を刺激されまくりです。
季節限定とか、オーガニックとかいう言葉にもコロっとやられちゃいますね…

女子って大変だなあ(はぁ)

ネリモノとして、いや一人の吟遊詩人として…


ポエマリスト
ラブネリです

今日は詩を書いてみました。

---------------------------------------

私はラブネリ

ラブなネリモノ

目に青葉

山ホトトギス

初鰹

-------------------------------------

やりきりました!(色んな意味で)

セレブ御用達


ラブネリーニョ現象

キタ!キタ!キタ!
この前テレビを見ていたらセレブな奥様の冷蔵庫に高級カマボコがぎっしり詰まっているではありませんか。
なんでもセレブな奥様や素敵なモデルさんの間ではヘルシーでコラーゲンタップリなカマボコが
大ブレイク中だそうです。

来る来るとは言っておりましたがまさか本当にネリモノの時代が来るとは思ってませんでした。
しかもセレブ界に降臨& calling!

あっちょっと英語出ちゃった(セレブだから)
まあいいや。みんなレッツ・イート・ミー!

…あれ?

本当の自分


全国のネリモノ業界の皆様おひさしぶりです。
ラブネリです。

最近、ラブネリ2ndとの抗争に明け暮れていました。血で血を洗う戦いをセイしたのはもちろんこのオリジナルの私。オリジナルにたてつこうなんて100年早いというもの。
でも、打ち負かされてボロボロになった2ndが「私だけだと思うな…」とか「おまえもまた…」とか意味ありげな事を呟いてたけど、あれってなんだったのかなあ。

ま、いっか!

ラブネリ工場


ネルはコットンフランネルの略!
ラブネリッス

いやー、既に皆さんプレイされましたか?
もちろんあれですよ。ネリモノ業界激震の追加ミニゲーム「ラブネリ工場」。
もうネリモノの魅力が全て詰まっています。
切断された時の激痛で思わず自我を持ってしまう私まで表現されていて感無量です!

開発内ハイスコアは689(ヒマか)。
でもデバッグ会社さんはなんと999に到達したそうです。

そんな「ラブネリ工場」は無料体験版として遊ぶ事も出来ますので
ネリモノ製造未体験のあなたはレッツ・チャレンジ!ジャスト・DO・イット!

« 前へTOPに戻る | 次へ »