それでもなお


「おかあさん…先生…」

眼にも止まらぬ速度でミサイルの発射レバーを操作しながら、みずいろは呟いた。

「最後まで…あきらめない!だって…だって、ここは、加藤くんの居た星だから!」

--

おかあさんは最後まで奮戦していた。
反物質爆弾ですら効かないおかあさんに対し、UGSFは半径十キロに及ぶ球状の表面を空間転移させる。
断絶された空間の中で、再び封印されたおかあさんが日の目を見るのはそれから数千年の後の事となる。

--

UIMS軍最後の兵力、第13主力宇宙艦隊旗艦「ブラッドレイン」が轟沈したのは、20発もの反物質ミサイルを受けて次元反転した空間に敵の戦艦を7隻巻き込んだ後である。
そしてそれは、全ての脱出船がワープした直後だった。

--

地上部隊を恐怖に陥れたウシキング先生。
おかあさんと共に封印されたとも、反物質爆弾によって蒸発したとも言われているが現在に至るまで行方は杳として知れない…